設備紹介

当院で使用している検査機器について

当院で使用している検査機器について

上部消化管内視鏡(食道・胃・十二指腸)

当院では経鼻内視鏡、経口内視鏡を患者さんの病状検査目的によって、使い分けています。
一般の検診などでは経鼻内視鏡を使用します。
内視鏡下生検が必要と予想される場合、経口をおすすめする場合もあります。
お電話での予約も可能ですが、検査の目的をうかがうことがありますので、あらかじめご了承下さい。

下部消化管内視鏡(大腸)

当院では硬度可変式内視鏡にコロナビ(UPD)、透明フードを使用しています
なるべく少ない送気で、スコープの硬度を最軟で行うことをこころがけています。
痛みが少なくて盲腸に到達できる検査が目標です。
検査前の投薬、処置を患者さまの年齢や病態により変えているため、電話での予約には応じていません。
一般に使われるPEG液が合わない方もご相談下さい。

  • 超音波診断装置

    超音波診断装置

    一台の機械とベッドさえあれば、どこでも血管、心臓、腹部臓器(肝臓・胆のう・総胆管・膵臓・腎臓・脾臓・大動脈・膀胱・子宮・卵巣・前立腺)などの検査ができてしまうのが超音波検査のすごいところです。
    当院では、内頸動脈や肝臓、胆のう、腎臓などを観察するのを得意としています。
    お電話での予約も可能ですが、検査の目的をうかがうことがありますので、あらかじめご了承下さい。
    また、往診でも使えるポータブル型もあります。

  • 心電計/血圧脈波測定

    心電計/血圧脈波測定

    カートの上が心電計、下が血圧脈波測定装置です。血圧脈波測定検査は閉塞性動脈硬化症の診断に用いられます。
    また検査で測定されるABI(足関節上腕血圧比)PWV(脈波伝播速度)は動脈硬化の良い指標となります。
    この検査がきっかけで、動脈硬化に伴う心臓病や脳血管障害が見つかる場合もあります。

ページトップ